最新情報

「宿泊施設のインバウンド対応支援事業」(第5回)の公募について

 観光庁では、訪日外国人旅行者数2020年に4000万人、2030年に6000万人の現実に向けて、ソフト面からの受入環境整備を通じた訪問時・滞在時の利便向上を図ることを目的に、地域の宿泊事業者が実施するインバウンド対応事業の支援を行っています。

 宿泊事業者(5以上)による協議会が「訪日外国人宿泊者受入体制拡充計画」を策定し、国土交通大臣の認定を受けた後、各宿泊事業者が実施する館内共有部のWi−Fi整備、館内共有部のトイレの様式化、ホームページの多言語化等の経費の1/3(上限100万円)を支援し、訪日外国人が快適に利用できる宿泊施設の拡大を図ります。

 

事業概要

(1)複数の宿泊事業者(5以上)が協議会(団体)を設立

(2)協議会が「訪日外国人宿泊者受入体制拡充計画」を策定し、国土交通大臣に当該計画の認定を申請

(3)国土交通大臣が有識者委員会の意見を聴いて計画を認定、補助金の交付を決定

 

〈訪日外国人宿泊者受入体制拡充計画〉

協議会が現状を分析し、それらを踏まえた取組、目標(外客宿泊者数、平均稼働率)等を計画

〈補助率〉

1/3(上限額100万円/1事業者)

〈フォローアップ〉

下記事項を定期的に国土交通大臣に報告(2年間)

・団体   :計画の実施状況

・宿泊事業者:外客宿泊者数、客室稼働率(毎月)

 

補助対象事業(例)

・館内共有部のWi−Fi整備

・館内共有部のトイレの様式化

・自社サイトの多言語化

・館内共有部のテレビの国際放送設備の整備

・館内共有部の案内表示の多言語化

・館内共有部の段差解消等

※客室部分の整備は補助対象外

 

その他

締切を8月9月末の2回設定し、各締切ごとに計画認定を実施。

過去に観光庁「宿泊施設インバウンド対応支援事業」の補助金の交付を受けた実績がある者は、補助対象外となります。

 

公募期間

平成30年6月27日(水曜日) 〜 8月10日(金曜日)【観光庁必着】 第一次締切 9月中旬計画認定予定

             〜 9月28日(金曜日)【観光庁必着】 最終締切  10月下旬計画認定予定

 

両認定分とも平成30年12月中に工事等を完了したうえで経費支払いまで終える必要があります。

早く事業着手が可能となる第1次締切での計画認定分の方が、最終締切での計画認定分よりも、長く工事等の期間を確保することが可能となります。

 

※詳しくは、観光庁ホームページよりご確認ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは北茨城市観光協会です。

〒319-1592 茨城県北茨城市磯原町磯原1630番地

電話番号:0293-43-1111 ファックス番号:0293-43-3030

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

北茨城市観光協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?